専門性を高めて自分の武器をつくる

透析に携わる看護師に求められるスキルとは

各地の病院やクリニック、透析センターなどで人工透析に携わる看護師は、個々の患者の健康状態や病気の進行度に応じて適切な看護ケアを行うことが求められます。特に、最小限の医療スタッフが対応をしている現場では、人工透析の際に使用する医療機器を正確に操作できるのはもちろんのこと、腎機能に関する専門的な知識を身に着いている看護師の採用が重要な課題の1つとなっています。

また、看護師の中でも総合病院の腎臓内科などの専門的な診療科目の実務経験がある人や、人工透析に関する専門的なライセンスを持つ人は、様々な医療現場において高待遇で採用されるケースが少なくありません。

糖尿病や慢性腎臓病などのため、腎機能低下の症状が進行している患者数が多い医療機関においては、人工透析に直接携わる看護師を対象に定期的に業務研修を行ったり、若手のフォローアップをしたりしているところも多くあります。そのため、過去に人工透析に関する仕事に就いたことが無い人は、数ある医療機関の中でも採用後の研修の内容が充実しているところを職場に決めることが大切です。

将来にわたり人工透析に関する看護業務をメインに担当したい人は、キャリアアップの一環として、専門看護師などの資格取得を検討するのも有効です。その他、各医療現場の方針や在籍する医療従事者の数などによって、個々の看護師に必要とされるスキルが異なるため、求職中に時間をかけて自分に向いている現場を見極めることがポイントです。