専門性を高めて自分の武器をつくる

安全なケアを提供。透析室の看護師の仕事

透析室で働く看護師は、まず患者の受け入れ前の機器のチェックから始まります。透析の機械は複雑です。MEや医師も透析室に在中し透析管理も行いますが、看護師も透析の知識を持ち準備をすることは必須です。次に患者の受け入れを行います。透析の準備をするために患者の体調チェックをする、体重測定をするなど、日々異なる患者の体調を確認するのです。体調チェックが終われば、今度は透析開始の準備をします。

透析が一旦始まれば、患者はベッドから動くことが出来ません。しかし血圧が低下し気分が不良になる人もいれば、体の向きを変えてほしいという要望を伝える人もいます。また透析中にトイレに行きたいという人も出てくるでしょう。そのような患者の要望に応えながら、透析が円滑に進むように看護していくのです。

また、透析というのは、半日以上かかるため透析中に食事をとることも多いです。透析をしながらでも食事がとれるようにセッティングを行ったり、内服の介助をするというのも大切な仕事です。さらに、透析が終了しても、次の透析までにどんなことが必要か、止血に関する注意点や水分の取り方など日常生活に戻った時の注意点を説明する必要があります。

透析というのは、日常生活の影響も大きく受けるものなので、単に透析室の看護だけでは患者の状態をすべて把握をすることはできません。そのため、ある程度透析以外の日常生活にもみ込んで指導していくこと、関わっていくことも透析室の看護師の重要な役目なのです。